思春期ニキビと大人ニキビ

ニキビは思春期になるとできるものだから仕方がない。

大人になったら治ると言われてきたけれど、大人になってからもニキビに悩まされている人は多いです。

思春期ニキビと大人ニキビの違いは何なのでしょう。

【思春期ニキビとは】

思春期ニキビというのは、10代の頃にできるニキビのことで、皮脂分泌が成長期によって活発になるためにできるニキビです。

成長ホルモンがたくさん分泌され、これが皮脂腺を刺激するため皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まってアクネ菌が増殖し、ニキビになります。

ホルモンバランスが整ってくる20代には、このニキビは治まると言われています。

【大人ニキビとは】

大人ニキビは思春期を過ぎて大人になってからできるニキビです。

大人ニキビの原因は、思春期ニキビのように1つに特定することが困難なものです。

ストレスであったり、食生活の乱れ、飲酒や喫煙、化粧品、ホルモンバランスなどが考えられます。

肌のターンオーバーが乱れることが大きな原因かとも言われていますが、はっきりしないようです。

【治療方法は】

思春期ニキビ、大人ニキビそれぞれのニキビ治療の方法は、思春期ニキビは皮脂の分泌が原因なので皮脂量と水分量を適度に保つようにします。

ひどい場合は飲み薬などが病院で処方されますので、医師の指示に従って薬を使いましょう。

大人ニキビのニキビ治療は、まず生活習慣の改善が指導されます。

その上で薬を処方したり、ニキビ専門病院でレーザー治療などを行うこともあります。

This entry was posted in 新宿で出来るニキビ治療. Bookmark the permalink.

Comments are closed.