つぶすと早く治るというニキビ治療の噂

ニキビで悩む人は男女を問わず多いですが、ニキビを治す方法についていろんな噂があります。

その中の一つに、ニキビは潰すと早く治るという説です。

果たして本当なのでしょうか。

【自分で潰すのはダメ】

ニキビの中に、芯のような硬いものがあって、それを押し出した後は早く治るような気がしますよね。

ちょっと痛いですが中身を押し出して潰したことがある人は多いのではないでしょうか。

皮膚科医の先生が言うには、自分で潰すのは絶対に避けるべきとのことです。

しかし、ニキビを潰してします人は少なくはないようです。関連記事見つけました:ニキビを潰してしまう20代女性の多さに驚愕!○○な人ほどやってしまう?

これはニキビ治療でも何でもありません。

【潰すとダメな理由】

自分でニキビを潰すということは、手の爪で押し出していますよね。

周辺の皮膚まで傷つけますし、指の雑菌がついて炎症を起こす可能性があります。

もし、そこで傷が深かったら、クレーター状のニキビ跡になってしまい、治療が困難になってしまうのです。

【病院で処置を】

皮膚科などでのニキビ治療で、面皰圧出をいう処置方法があります。

これは医師が清潔な器具でニキビを潰し、中身を出す方法です。

これは一時的な処置で、根本からのニキビ治療ではありません。

基本的にはニキビは触らないことですが、どうしても痛みが強いとか目立つので何とかしたいと言う場合に病院で処置してもらいましょう。

自分で潰しては絶対にいけません。

面皰圧出は、皮膚科の医師ならどこでもやってもらえます。

ニキビで病院に行っても良いの?という人もいますが、もちろん行って良いのです。

This entry was posted in ニキビは潰すか潰さないか. Bookmark the permalink.

Comments are closed.