ニキビができている時メイクはだめ?

ニキビができている時に、メイクをしてはいけないと言われたことはありませんか。

学生の頃ならまだしも、社会人になってからだとノーメイクで出かけるのは難しいものです。

本当にニキビができている時はメイクをしてはいけないのでしょうか。

【メイクが原因ではない】

大人ニキビの場合、化粧品が原因とも考えられているようですが、はっきりとはしていません。

可能性として考えられているのは、男性ホルモンが過剰になって毛穴が収縮することや角質層が乾燥して角栓ができやすいことです。

メイクが直接ニキビの原因になっていません。

ただ、できているニキビにファンデーションなどが付くことで刺激になり、炎症が悪化する可能性が考えられますので、ニキビができている時は低刺激性の化粧品にした方が良いでしょう。

【クレンジングが大切】

化粧品云々よりも、丁寧なクレンジングで汚れを落とし、その後十分な保湿をすることが大切とニキビ治療の病院でも指導されます。

レーザー治療などのニキビ治療を行った後でも、メイクをして帰って良いと言われていますので、メイクがダメということはありません。

【肌のバリア機能を強くする】

ニキビができているのは、肌のバリア機能が衰えているからです。

ですから化粧品も敏感肌用などを使うようにすれば良いのです。

ニキビができているからと、化粧水や乳液、日焼け止めなどを塗らずにいる人がいますが、肌を守るためにもスキンケア化粧品は必ずつけるようにしましょう。

This entry was posted in ニキビ治療とメイクの関係. Bookmark the permalink.

Comments are closed.